融資限度額は総量規制の対象に

「融資限度額は幾らまでなのかな?」そんな初回利用時と総量規制の話

キャッシングを初めて利用する人は、商品の融資限度額マックスを融資してもらう事は、まず、出来ません。最初の利用時には、収入を証明する書類の必要のない50万円以下に、融資金額が抑えられるのが通例となっています。

キャッシングの初回融資金額が延滞なく完済されて、初めて、商品の融資限度額まで、融資金額が引き上げられるのです。しかし、それでも、銀行系消費者金融業者からの融資金額は、総量規制の対象となっています。

2010年6月に完全施行された貸金業法により、銀行系消費者金融業者を利用してのキャッシング融資金額は、マックスで年収の3分の1以下に抑えられる、所謂、総量規制を受ける事になりました。例えば、商品の融資最高額が500万円に設定されていても、年収が300万円の人は、100万円が融資限度額となります。

複数社から融資を受ける場合でも、銀行系消費者金融業者からの融資金額は、総量規制の対象となります。複数社からの融資金額が、合計で年収の3分の1を超過して融資を受ける事は出来ません。

是非、総量規制を超えて融資を受けたい人は、総量規制の対象とならない銀行から融資を受けるか、銀行のカードローンを利用する事です。ただし、銀行から融資を受ける際には、審査は、消費者金融業者を利用する場合より厳しくなります。担保(不動産などの物的担保と、保証人と言った人的担保)の用意も必要となって来ます。

一方で、銀行のカードローンは、無担保で保証人も必要ありませんの。キャッシングと同等の感覚で利用する事が出来ます。銀行のカードローンの商品の中には、「オリックス銀行」のカードローンの様に、融資最高額が800万円と、かなりな高額に設定されている商品も発売されています。

しかし、いくら融資最高額が高額に設定されていても、借り過ぎには、十分に注意しましょう。自分の返済可能額が幾らなのかを重々明確にして、融資金額を決める事が肝要です。