審査時に重要視される在籍確認

審査時に重要視される在籍確認、業者により異なる方法とは果たして?

キャッシング利用を申し込むと、審査を受ける事になります。その際、在籍確認は、重要項目の1つとなります。提出された本人確認の書類(運転免許証、健康保険証やパスポート)で本人確認を行うと同時に、申し込み者が入力(記入)した勤務先に、実際に在籍しているのかが確認されます。

在籍確認の方法として、まず、会社へ電話がかかってきます。業者は業者名は決して名乗らず、個人名で電話を入れます。そこで、申し込み者が電話に出れば在籍確認は終了です。本人が不在の場合でも、電話を受けた社員が「外出中です」などの的確な返答を行えば、やはり在籍確認は終了します。携帯電話やスマートフォンへ電話が入り、在籍確認を行う場合も有り得ます。

三菱東京UFJ銀行系の「モビット」は、勤務先ではなく、自宅へ電話を入れる事で、在籍確認をとっています。この場合も業者名は名乗らず、個人名で電話がかかって来ます。また、勤務先への電話以外の方法を採用している業者も存在します。SMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」は、申し込み時にメール送付を希望すれば、メールが「プロミス」から届きます。在籍確認は業者からのメールへの返信で終了します。

中堅業者で良く利用されている「フタバ」も、勤務先へではなく自宅へ電話を入れる事で、在籍確認を行っています。「フタバ」はフリーターや年金受給者へも、積極的に融資を行ってくれる業者として知られています。融資限度額は50万円と低めの設定ですが、信頼出来る1社として評判の高い業者です。

以上の様に、在籍確認は、原則的には勤務先へかけられる1本の電話で行われます。しかし、業者により在籍確認をとる方法は幾通りかに分かれます。勤務先への電話は、例え個人名でかかってきても嫌だと言う人は、携帯電話かスマートフォン、もしくは自宅へ電話をする事で在籍確認をとる「モビット」や「フタバ」の様な業者を選択すると良いでしょう。