キャッシングの端数返済には落とし穴が!

キャッシングの端数返済には落とし穴が!何に気をつければ良いの?

キャッシングするときって大体1万円単位での借り入れになることが多いですよね。というか、千円単位でも借りられるところは少なく、実際は1万円単位でしか借りられないところがほとんどです。返済については多くのキャッシング会社は千円単位の返済としています。もちろん、借り入れするときには端数なんて出ないんですけど、実際返済していくと利息の関係で端数が出てきますよね。1円単位での端数が出るんですけど、千円単位でしか返済できないのでこの端数、ずっと残ることになるんです。

この端数分については無利息扱いになるので、残しておいたからといって金額が増えていくということはありません。しかし、借り入れの契約がずっと続いている状態にあります。次回キャッシングする機会があれば、そのキャッシング金額に端数分が上乗せされ、それも含めて返済することになりますが、もうキャッシングを利用しないのにずっと端数が残り続けていると気持ちが悪いですよね。だからと言って信用情報に影響が出るかと言ったらそういうわけではありませんが、すっきり完済できたとは言えない状態になるのです。

ではどうすれば良いのでしょうか。一部のキャッシング会社ではATMでも端数返済が可能なところもあります。しかし、多くのキャッシング会社は端数返済には対応できていないATMです。その場合は、キャッシング会社の窓口で支払う、キャッシング会社の指定する口座に振り込む、千円を返済して差額を自分の口座に振り込んでもらう、という3種類の方法を選択することになります。窓口に行くのが少し面倒という場合は、差額を自分の口座に振り込んでもらうと良いでしょう。この場合、手数料はキャッシング会社負担となる場合が多いので安心ですね。

端数は残っていても支障があるものではありませんが、ずっと契約状態が続いているのも複雑なものです。まず、端数返済についてキャッシング先に確認してみてくださいね。