キャッシングで必要な収入証明って?

キャッシングするときに必要な収入証明ってどんな書類?

何か申し込んだり手続きしたりするときには書類への個人情報の記入や身分証明書などの必要書類提出がありますよね。キャッシングするときも同じで、申し込みをするときには個人情報の記載と必要書類の提出をしなければなりません。必要書類は身分証明書と収入証明書を準備することが多いのですが、収入証明書ってどんな書類なのでしょうか?

収入証明書は収入を証明するための書類です。キャッシングするときには、返済能力があるかどうかを審査されます。収入がないと返済もできないので、「この人はこの収入が確実にある」ということを示さなければならないのです。

では収入証明書はどんな書類を準備すれば良いのでしょうか。収入証明書として認められるのは、源泉徴収票、課税証明書、住民税納付書、給与明細書などです。比較的手元に持っている、入手しやすいのは給与明細書ですね。しかし、給与明細書であれば何ヶ月分か必要な場合がありますので気をつけてくださいね。課税証明書や源泉徴収票は役所に取りに行ったり会社で申請したり手間や日数がかかります。いざという時のために、普段から手元に置いておくのも良いでしょう。

キャッシングでの申し込みでは氏名・住所・年収・勤務先・勤務年数などの情報を記載する必要があります。年収が多ければ、借り入れできる金額も多くなりますが、収入証明書の提出があるので嘘の記載はできません。返済が苦しくならないよう、その人の収入に見合った借り入れ金額をキャッシング会社は提示してくれます。身の丈に合った借り入れをするようにしましょう。