キャッシングの上限金利が変更になった!

キャッシングの上限金利が変更になった!得することはあるの?

キャッシングを利用するのは便利なんですけど、利用したら必ずしなきゃいけないのが返済です。使った分だけ返さなければならないのはもちろん、使った金額にプラスして金利分も返済しなければならいないのです。自分がキャッシングを利用したんだから仕方ないんですけど、やっぱり金利は低い方が良いですよね。この金利、実は法律で上限が決まっているんですけど2010年に施行された貸金業法では上限金利が変更となり、いかなる場合でも20%を超える金利の設定が出来なくなりました。

この貸金業法が施行される前も、上限金利は20%だったんです。では何が変わったのか、それは出資法という法律が関係しています。出資法では上限金利が29.9%となっていたため、20~29%までの金利が貸付と出資の挟間でのグレーゾーンとなっていたのです。貸金業法が施行されてからは、出資法の上限金利も20%に引き下げられたため、このグレーゾーンも撤廃され、貸金業者は20%を超える金利を設定した場合は刑事罰を受ける対象となることになりました。

上限金利が決まることで、以前はグレーゾーンを利用して20%を超えて設定されていた金利が、きちんと20%までと周知・徹底されることになりました。借りる側としては金利が高くなり過ぎないということは助かりますよね。上限金利の設定はあくまでも「しっかりと返済できるようにする」ことが目的です。キャッシングを利用するときには無理な利用はせず、確実に返済できるということを確認して、計画的な利用をするように心がけるようにしましょう。