可能ならば一括返済を

毎月の支払い何とかならないか?思い切ってスパアーッと一括返済を

返済半ばで、可能ならば、残っている返済金額を一括返済してしまう方が、はるかにお得です。借り入れ金額にもよりますが、1つの目安として、収入証明書の必要のない50万円以下のキャッシング利用の時は、一括返済してしま事をお勧めします。三菱東京UFJ銀行系の「モビット」を始めとする銀行系大手消費者金融業者も、一括返済の相談に乗ってくれます。

大多数のキャッシング利用者は、リボルビング払い(リボ払い、またはフレックス払いとも言います)による、複数回にわたる返済を余儀なくされています。借り入れ金額が50万円を超えると、一括返済は当然苦しくなります。しかし、ボーナスなどが支給され、まとまった金額が用意出来た場合の様な時ならば、思い切って一括返済をしてしまいましょう。

リボ払いによる複数回にわたり返済する事は、リボ払いを利用する事で生じる手数料を支払わなければならない事を意味します。リボ払いは、分割払いとは似て非なる支払方式で、その手数料は、金利10~15%も高く設定される事になるのです。

業者にとっては、リボ払いの金利手数料と利息を、毎月こつこつと支払い続けてくれる利用者の方が「歓迎すべき」顧客なのは事実です。ですから、一括返済を申し出ると、ある種「渋い顔」をするかもしれません。

一括返済へ変更すると、返済分の利息は、複数回にわたり返済するよりは高めに設定変更されます。業者も元本以外の「取り分」を、少しでも多くしようと考えますから、一括返済に変更した場合、複数回にわたる返済より利息は高く変更されます。

それでも、業者への支払い金額は、元本プラス金利プラスリボ払いの金利手数料を、複数回にわたり返済する事に比べれば、利息が高めに変更されても、一括返済してしまう場合の方が、はるかに低いのです。すぱっと残額を一括返済してしまう場合の方が、気分的にも、晴れ晴れとする事でしょう。