その借り入れ金、減額できるかも!

その借り入れ金、減額できるかも!一度弁護士に相談してみて!

借り入れしたお金、きちんと返済できるって考えて借り入れしても、気づけば予定以上に金額が膨らんで厳しい生活になってしまっている…そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。借り入れしたお金の返済に追われる日々、また新たな借り入れをして返済する、なんてことは考えてはいけません。その場しのぎにしかならず、利息を含めて更に借り入れ金額かま増えてしまうだけです。では何も方法がないのか、今の状態を打開できないのか、というとそうではありません。あなたな借り入れ金、減額できるかもしれないんです。

借り入れ金を減額するためにはどうすれば良いのでしょうか。減額するための方法として考えられるのは、「過払い金の返還請求」、「任意整理」、「個人民事再生」です。それぞれについて簡単に説明したいと思います。

「過払い金の返還請求」は、あなたが今まで返済した金額が適正だったのかを調べ、多く払いすぎている場合は差額分を返還してもらう、もしくは返済の一部にあててもらうというものです。なぜ過払いが生じるかというと、法律の改正が要因の1つになっています。金利の上限は利息制限法という法律で定められていますが、この法律が施行される以前から借り入れ返済を行っている方は、施行前の高い金利が変更されないまま、継続して返済していることがあります。この場合、法律施行後に返済した金額は支払い過ぎている、過払いの状態になるのです。この差額は法律に違反しているものなので、返還されるべきですよね。

「任意整理」は借り入れ先と個人的に交渉を行って借り入れ金を減額してもらう方法です。しかし、個人での交渉はなかなか難しいので弁護士や司法書士などの専門家に依頼して交渉に臨む方が良いでしょう。

「個人民事再生」は借り入れ金を3~5年で返済できる金額まで減額してもらうというものです。こちらは裁判所に申し立てを行って、裁判所から返済をストップされた、という名目のもと減額交渉が行われます。申し立てには5万円ほど費用が必要で、弁護士を立てる場合は追加費用が発生するので注意が必要です。

「任意整理」と「個人民事再生」は「過払い金の返還請求」と異なり、これを行うことで信用情報に事故情報として登録されます。いわゆるブラックリストです。少なくとも5年間は情報が残るため、新たにカードを作ったり借り入れをしたりということはできません。自分にとって何がベストなのか、しっかり吟味する必要がありますが、自分で考えるのは限界があります。今は借り入れに関する相談が無料でできる場所も増えてきました。やはり専門家である弁護士に相談して、あなたにとってベストな方法を選択するようにしてくださいね。